読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手におえないもの

見てまいりましたよ「トランスフォーマー
字幕で見てきたんだけど、やっぱ吹き替えのが良かったなと、ちと後悔。


ま、内容的には大満足の一本だったわけですが、
あー、やっぱアメリカ人が作るとこうなるわなーと思ったところが一点。



ハリウッド映画に出てくる強大な敵ってのは結局のところ人間の手におえる範囲で収まってしまう。
エイリアンだってプレデターだって、ターミネーターだってアルマゲドンの巨大隕石すら
結局は人間が勝利してしまう。


トランスフォーマーにおいてもそれは然りで、人間達は最後まで傍観者にならずに、
徹底抗戦を貫く。


しかし、日本の映画は時々自分達の手では負えないものを登場させてしまう。
ゴジラガメラ、CUREの怪物、日本沈没etc...
日本人は自分達がなす術のなり状況になって傍観者にならざるを得ないような状況に
追い込まれる映画を楽しむ習慣みたいなものがあるんじゃないだろうか?
そういう自分もゴジラとか大好きですから。
映画じゃないけど、ウルトラマンだって、最後はウルトラマンと怪獣の一騎打ちを眺めるだけなんだよ。
イデ隊員はその状況に悩んだりするんだけどさ。


アメリカ版ゴジラが日本人に受け入れられなかった理由はフォルムを大幅に変更してしまったことではなく、
人間の手に負える範囲に縮小されてしまったからだと俺は考える。


この辺が日本とアメリカの大きな違いだと思う。


でもアメリカにも手に負えないものをスクリーンに映したがってる映画人てのはいるもんで、
たとえばスピルバーグなんかは「宇宙戦争」でどうせ最後のオチは決まってるんだしいいよね?
ってな感じで思うさま手におえない化け物に人間が蹂躙される様を描いてましたね。


アメリカ人もとうとう手におえない者の豊穣に気付きつつあるのでしょうか?