読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だまされるな!彼ほど「好きを貫く」人はいない

「好きを貫く」よりも、もっと気分よく生きる方法
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20071209/1197232409



この最初のステーキの例えがまず、ミスリードを誘ってんだよね。
このステーキを白いご飯に変えてみよう。



>どんなに白いご飯が大好きな人でも、
>毎日、朝昼晩、白いご飯だけを強制的に食べさせられ続けたら、
>だんだん苦痛になってくる。


白いご飯が苦痛になってる方、いますか?
僕はこれまでもこれからもずっと白いご飯を朝昼晩食べ続ける所存です。
え?パン食派?玄米食ってる?そんな人知らない!!


ステーキっていう日本人にあまり馴染みのない
脂っこくて胸焼けしそうな食べ物を例えに持ってきた時点で、
このエントリーは疑ってかからないといけないんだと思います。


なぜなら、分裂勘違い君ほど、
「好きを貫く」生き方をしている人はいないからです。


彼にとって一番好きなことって、
「自分の好奇心、探究心(あと知的虚栄心とか名誉欲とか色々)を満たすこと」
だと思うんですよ。


つまり彼にとってのプログラミングってのは、
自分の好きなことをしていく上で、格好の「おかず」なんです。
「好奇心、探求心を満たすこと」が彼にとっての「白いご飯」。
「プログラミング」が昔の彼にとって最もご飯がすすむ「おかず」。


そう考えれば、彼にとって「好きを貫く」生き方は明白です。
「そのおかずに飽きがきたら別のものを食え」です。
そうしなければ一番好きな「白いご飯」をおいしく食べることすらおぼつかなくなる。


だから彼は自分の職を次々に変えたり、分裂症的に色んな本を読んだり、
様々な行動を起こす。
全ては自分が大好きな「白いご飯」をよりおいしく頂くためです。
彼ほど「白いご飯」、つまり自分のコアな部分を大事にしている人はそうはいません。
ですが、彼ほど「白いご飯」がどんな食べ物にも合う万能食であることを熟知している人も
そうそういるものではありません。


だから彼は特に職にあぶれる様子も見えずこのような
挑発的なエントリーをあげてくるんですね。


ちなみに僕などは自分の「白いご飯」も好きですし、好きな「おかず」にもそうそう飽きない性質なんで、
まだしばらくはこの「おかず」を食べつづけようと思ってたりします。