読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブコメという名の弾丸

オイラは昔いじめられっ子だった。



その経験から言うと、
いじめを傍観してる奴らは、加害者より性質が悪い。
奴らは、傍観することで、いじめの楽しさは甘受する。
直接手は下さないけど、観客としていじめを楽しむ。



オイラはひそかに加害者以上に傍観者達を憎んでいた。
奴らは本当にリスクを背負わない、オイシイとこだけ頂こうとする。



で、たまにいじめがヒートアップした時、ブログでいう炎上みたいなことになった時、
傍観者達は調子こいて、いじめに参加しだす。



その場の空気に煽られて、皆もやってるんだしいいっしょ?ってな
ぬる〜い顔して、いじめの加害者になる。




そんな傍観者共の一人に一度ブチ切れてつかみ掛かった時のことは忘れられない。



「なんで、自分が反撃されんの?」



って顔しやがった。自分がピンポイントで反撃されてるのが、マジで理解できてないみたいだった。すっごくダサい顔だった。



覚悟も責任もリスクも何も背負おうとしない、背負う理由がわからない、そんな顔。



でも君は参加しちゃったんだよ。紛れもない当事者なんだよ。みんなで参加すれば、その分自分の存在が薄まるなんてことは無いんだよ。そう言ってやりたかったけど、そんなことを理解させるのは気が遠くなるほど困難なことなんだと否応無しに悟らされた。



そんなことがあってオイラは振り上げた拳の行き先すら見つからず、こんなバカ面してる連中の玩具と化している、自分の境遇の惨めさを呪いながら、とぼとぼと家路につく途中にこんなことを呟くのでした。



「撃ってよいのは、撃たれる覚悟のある者だけだ……!!」






そんなことをこの辺のやり取りを見て思い出した。


脊髄反射的に返事してみる。 - きみはじつにばかだな。
http://d.hatena.ne.jp/godnee/20080909/1220974763
http://d.hatena.ne.jp/sjs7/20080909/1220968307