読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「料理が出来る男」と思われるようになる最短ルートを教えます

料理


前回は自分の食欲や料理欲を最大限満たしつつ、面倒さは回避する個人的な方法を書きましたが、
今回は、周囲の人間に、「コイツ料理結構出来る奴なんだ〜」と思わせる、最も効率の良いメソッドをお話ししたいと思います。


食欲を満たすために、料理を覚えたいという人以上に、
ステータスとして「料理の出来る男」という称号が欲しい人に読んで頂きたい内容になっております。

明日のために その一  まずはカレーを作れるようになって下さい。

いきなりハードル高く設定しちゃったような気がして、ドキドキですが、
みんなカレーくらいは作ったことありますよね?料理実習とか、林間学校とかで。



にんじん、ジャガイモ、たまねぎを皮むいて切って、肉と一緒に炒めて
カレー粉入れるだけの、超簡単、且つ失敗も少なく、嫌いな人もほとんどいない。
手料理界の王と呼んでもいいカレーをまずは作れるようになって下さい。



作れない人は、残念ですが、見放します。ここで読むの止めちゃってください。
リソースが有限な現代社会では、ある程度の犠牲は見放して救うべき人のみを救うのです。
かわいそうとか言われても知らないのです。


まあ、ほとんどの人はカレーくらい作れるものとして次行っちゃいます。


明日のために その二  ポトフとミネストローネを作りましょう。

その二にして、いきなり結論です。最短ルートの名に偽りはありません。


ポトフとミネストローネを作れるようになって下さい。



この二つが作れるようになれば、「え、お前結構料理すんだ?」みたいなリアクションを色んな人からゲットできます。っていうか自分自身この二つを柱に色んな人から「ヘ〜〇〇君って結構料理上手なんだね〜」なんていう「料理上手」の称号すらゲットできました。


なぜか?


カレーってのはあまりにも皆が作り方を知ってるんで、「昨日カレー作って食ったよ」
とか友人知人に言っても、あんまり大したリアクションは期待できないんですよね。市販のカレールーを使わずに、自分でスパイス調合してカレー作ったらそれはそれでスゴイんですが、なんかそれだと、「料理好き」ってよりは「重度のカレー好き」の称号を得ちゃうんです。


それが、ポトフとかミネストローネだと、大抵の人はどんな食べ物か、イメージはできると思うんですが、それほど日常的に食べる食べ物じゃないんで、カレーとかよりも相手に与える心理的な効果が大きいんです。「へ〜そんな料理作っちゃうんだ〜」とか思われ易いんです。
ってか自分自身それで、結構回りから感心されちゃいました。
内心は「??アホ程作るの簡単なのになんで?」とか思ってたんですけど。


では、ポトフとミネストローネの作り方をお教えしたいと思います。


ポトフもミネストローネも、基本的には
カレーと作り方一緒です。
ポトフもミネストローネもにんじん、たまねぎ、ジャガイモを皮むいて刻んで、肉と一緒に炒めて煮込めば完成します。



カレーとの違いは最後にカレー粉を入れないことです。
当たり前ですね。


もう少し細かく解説しますと、
ポトフの場合は、にんじん、たまねぎ、ジャガイモ、の皮を剥くだけで包丁で切らないで、
丸ごと煮込んだほうが美味しかったりします。お肉の変わりにソーセージとかでも美味しいです。



ミネストローネの場合は、野菜を1cm角くらいに細かめに刻んで、煮込むときに、
市販されてるトマトの缶詰か、トマトピューレを入れて下さい。お肉の変わりにベーコンとかでもいいです。



そして両方に共通するのは、最後の味の仕上げに
塩コショウをふる
ことです。



ここが初めて作る人にとって最大の難関になると思いますが、がんばって調節してください。こしょうも大事なんですが、塩はふり過ぎると簡単に致命傷になるので、味見しながらちょっとずつ足していけば良いと思います。あ、あと、どっちにも言えますが、市販のコンソメを煮込むときに入れとくと、グッと味が良くなります。


以上です。
ポイントは基本的にはカレーと作り方一緒ってことです。
カレーしか作れないような人がちょっとスライドするだけで、レパートリーが二品増えるんです。
これほど、簡単に出来て、「料理の出来る男」の称号もたやすく得られるメニューはそうそうあるものではありません。それに、にんじんもたまねぎもジャガイモも日持ちがするんで、週に一回料理するような独身の人にも素材を腐らせたりする心配も少ないです。そういった点でもオススメです。


それと、ポトフとミネストローネを作ってると、自ずとあなたは塩の重要性に気付けます。


調味料の原点中の原点、塩の扱いに慣れることは、今後のあなたの料理生活にとって役に立つなんてもんじゃありません。この二品目が作れるようになることはあなたの料理生活の将来性すら約束してくれるのです。


是非皆様に作って頂いて美味しく召し上がりつつ、自分ステータスの向上も図っていただきたいと思います。


ポトフもミネストローネもキャベツとかズッキーニとか色んな野菜ぶっこんでも美味しいよ!
自分なりに色々やってみてね!