読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の娘を風俗に就職させたくない本当の理由

色んな人の意見に耳を傾けつつ、色々考えたけど、自分の娘が風俗に働かせたくないのは、ハイリスクな仕事だってのもあるし、世間の目が厳しいよってのもあるけど、それ以上に単純に自分の娘を他の男のものにしたくないっていう、男親としてのわがままってのもあるなと思った。


風俗以前に単純に娘から「彼氏できましたー」とか「結婚しまーす」みたいな報告受けるだけで結構狼狽しそう俺。そりゃ嫁の貰い手がまるでない娘ってのもアレなんだけど。


でも、仮に、自分の息子がホストなります。とか今後おそらく増えるであろう女性向けポルノの担い手になりますってのはあんまり抵抗ないんだよな。テメエの面、鏡でよーく見ろや!とか酷いこと色々言って喧嘩にはなりそうだけど。ま、最終的には、勝手にやればいいんでね?って感じ。人を不当に騙して儲けるようなことしなきゃまあ許せる範囲。


聞いた話なんだけど、まだ幼い息子と娘の二人のお子さんを持つ人で、息子が幼稚園で、女の子と仲良くしてるのを見ると、「いったれいったれ!」みたいな気分になるのに、娘が男の子に話し掛けられてるのみると、「何、家の娘に手出してんだテメエ!」みたいな気分になるそうなんだけど、俺なんてまだ結婚もしてないけど、なんかスゴイ納得したんだよね。


これって結局は男による女性への差別意識からこう思ってしまうのかもしれない。風俗嬢に娘をしたくない理由って風俗っていう職業への差別意識以上に、もっと根深い女性全体への差別意識があんのかなって思う。男親による娘への過剰な所有欲というか。息子なんかは野に放つって感じで、適当に見てられるのに。


でもこの意識って自分で深く自覚して、自省したとしても取り除くのは相当難しいな。彼氏できたとか結婚とかは、内心「えー」とか思ってもまあ渋々自分を納得させること出来そうだけど、風俗の場合は、うーむ…。特定の一人でも、狼狽するのに、不特定多数だもんなあ…。



まあでもハイリスクな仕事であること、世間の目が冷たくなること、さらに俺自身がイヤイヤーって見苦しく駄々こねまくることの三点に向き合って、それすら乗り越えてなお働くことを希望する娘には風俗で働くことを認めるとまではいかなくても、冷静かつ真剣に話し合いを続けるしかないだろうな。最終的には認めるって選択肢も視野に入れないと駄目なんだろう。


現時点のオイラにわかるのはここまでだと思う。
後は結婚して子供生まれてからゆっくり考えます。
クーソーしてから寝てください。