読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無人島に持って行きたい〜は何?っていう質問する奴は大馬鹿だと思うよ。

 たまに、無人島に持っていきたいレコードは?とか小説は?みたいな質問を見かけますが、ハッキリ言ってそういう質問する奴って大馬鹿だと思う。


 普通に考えて無人島に唐突に行ったりしたら、そんなレコード聴いたり、小説読んだりする閑あるかよ?その場に適応するのが精一杯でそんな場合じゃねえだろ。

 
 そういうこと言うと、「イヤイヤ、そんなサバイバルな状況じゃないんですよ。生活の心配とかはない、無人島で一人っきりでのびのびと過ごせる状況がきたらどうしますってことですよ。」なんてことをいけ好かない面してのたまうんだと思うんだけど、そんなバカンスみたいな状況だったら、それこそ何もしないで寝てるわ


 結局こういう質問をなんの疑問もなく繰り出せる奴ってそれぞれの作品を受容する上で、最も重要な「環境」への視線がゴッソリ抜け落ちてると思うんだよな。こういう人って何を語っても全てが薄っぺらく見える。

追記

最近、個人的な好み以上に環境って優先するんじゃないか?とよく思うのです。
南の島に行けば、ハワイアンとか沖縄音楽みたいなのがグッとくるし、寒い地方なら寒い地方なりの音楽がグッとくるようになるんじゃね?っていう。
だったらいっそ獄中に持っていきたい本やレコードのほうが、素直にベストに近い内容になると思うよ。