読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最強は誰か?

エイリアンVSプレデターという映画が結構前にあった。ぼくはこの映画がとても好きだ。この映画は映画史的に非常に重要な映画だとも思うのだ。


こんなこと言うと、そんな重要な映画か?とか言われそうだが、この映画は映画にまつわるある問題を一つ前進させた。それは



映画に登場するキャラクターで最強なのは誰か?



という問題である。


これは非常に重要な問題である。というか、誰もが認める最強キャラクターをビジュアル化できてしまったら、その時点でその映画は傑作になると言っていい。それくらい映画には強いキャラクターというものが大事だ。


そこでエイリアンとプレデターという東西の横綱をがっぷり四つに組ませ、最強は誰かをはっきりさせようとしたこの映画の勇気には、頭が下がる思いがしたものだった。


そしてその世紀の決戦の結末は、正直言ってプレデターの兄貴に軍配が上がったと見て良いだろう。


もともと一対一ではまず負けないし、なんか肩につけるビームみたいなのを装備したら、群れで襲ってくるエイリアンもものともしないし、最後はクイーンエイリアンを前にして全く退かず、正面から飛び蹴りとかかますプレデター兄さんの勇姿には胸が熱くなった。しかし、そんなプレデター兄さんもエイリアンのしぶと過ぎる生命力と圧倒的な繁殖力を前に不覚をとってしまうわけだが…。


しかし、プレデター兄さんは人間に産み付けられたエイリアンの卵をご自慢のセンサーでいち早く察することが出来ていたのに、なぜ自分のことには気付かなかったのか?あそこらへんの描写には首を捻る部分が多い。


まあエイリアンとプレデターのあいの子が見たかったんでしょうないい案配にオチもつくし、続編へのネタ振りにもなるし。


しかし、エイリアンVSプレデター2なんて映画は本来なら作る必要は無かった筈なのだ。

既に決着はついたんだから


我らがプレデター兄貴は最強の座へ向けて次なる敵へ向かうべきなのだ。次に戦うべき敵、それはアイツしか居ないだろう。プレデター兄さんにとっても宿敵と言っていい。そいつの名前は




ターミネーターだ。


以前、ベトナム(だったっけ?)で戦った時は不覚をとったが、改めて戦うべきはターミネーター以外には居ない。この戦いで80年代最強の化物が決定する。


というわけで「エイリアンVSプレデターVSターミネーター」誰か撮ってくれませんか?