読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由度という言葉を使わずに洋ゲーを誉めたい

 おもしろい洋ゲーを自由度という言葉を使わずに誉めたい。自由度という言葉は、あくまでゲームに詳しい人たちにおいてのみ通用する符丁でしかないのではないかと思うから。


 あとJRPGという言葉で、日本産RPGを語るのを止めたい。JRPGなんて一言で括ることが出来るほど、日本のRPGは単純ではないのだから。


 なんで日本のコマンド式RPGの古さを指摘する人はポケモンを取り上げないのか?ポケモンはRPGとは呼べないのでは?というのであればFallout3なんかもかなりジャンル分け不能な地点にいるのに。


 現在、海外のゲームが円熟期に入っているのは間違い無い。洋ゲーやるなら今だと思う(もう既に弾を撃ち尽くした感もあるけど)。でも、洋ゲーを語る言葉を現在の貧しい状態からちょっとはマシに出来ないものかなと思いながら、洋ゲーを遊び続ける日々であります。