読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DSi LLはもう少し値段上げても良かったと思う

 去年こんな記事を書いてたんですが、一年後に任天堂さんからご返答があったようです。

DSiはもっと値段を高くするべし。 - 枯れた知識の水平思考


 んで、新機種の二万円って値段設定なんですが、上の記事にも書いたんですが、どうせならもう5千円くらい上乗せしちゃって、その分、ボディを金属製にするとかしてもよかったような気がします。んでもそうすると重量が大変なことになるか…。じゃあこれで良いと思います。


 PS3が3万円に値下げした途端、調子が良くなったのを見るに、据え置きゲームの値段の限界っておそらく3万円なんでしょうね。PS2は最初4万円でバカ売れしたけど、アレはDVD再生機能が売りだったわけだからね。


 では、携帯ゲーム機の値段の限界値ってどの辺のなのかって言えば、据え置きからは若干下がって2万円くらいなのかな…。3万円でも売れるようになるためには、結構な付加価値を付けなければならないような気がします。


 言うことは上の記事からの繰り返しになってしまうんですが、俺ももういい大人なんだから、多少金がかかってもいいから、品質が良かったり、色んな付加価値が有ったりする中から選ばせて欲しいっていう気持ちがあります。だから今回の新型発表も良いなと思うし、もっと値上げして品質(CPUなどのスペック面に限らない障り心地とか防水使用の追加とかね)を上げて欲しいとすら思う。でも気持ちのもう一方では携帯ゲーム機の根幹を成すユーザーは子供ではないかという思いもあるので、オイラみたいなゲーマー層はどっちみち買うんだから無視してよいので、良い意味で子供に媚びまくったような新機種(コンパクトなDSミクロとか)を同時に発表したりしてくれないかなーとも思います。子供騙しに堕さない子供向けソフトを作り続ける任天堂だからこそ出来る完全子供向けDSってちょっと見てみたいなと。それが出来るのって世界でも任天堂だけなんじゃないかな。