読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風景が奏でる物語

ドラクエゼルダに共通点はあるか?と問われれば俺はあると答える。


この二つのゲームはゲームの背景に巧みに伏線を張りめぐらせるゲームだ。


例えばドラゴンクエスト竜王の城である。いきなり、ラストダンジョンの位置が見えているという、大胆不適なマップ構成。堀井雄二はこのような視覚的な伏線を巧みに使う。

ゼルダの伝説にもそれは言える。今の自分の状態では行けないダンジョン等を、序盤から見せて行くことで、冒険へとプレーヤーを駆り立てようとする。


ドラゴンクエストゼルダの伝説、これらのゲームが最新の3Dゲームとなって姿を表した時、どちらも素晴らしい風景のあるゲームとなっていたのは必然的なことだと俺は思う。

この二つのゲームは最初から、風景、もっと言えば世界そのものに物語を奏でさせようという企みのもとに編み出されたゲームなのだ。